認証に失敗する理由をしっかりと把握【早急に鍵屋に交換を依頼】

乾燥や水に気を付けましょう

防犯面に優れた指紋認証キーですが、弱点があります。しかし、弱点を事前に把握しておくことで、対策を講じることができます。

認証しないのは乾燥が原因

男性

指紋認証キーは、乾燥肌の方の場合は、認証に失敗してしまうことがあるようです。乾燥肌を自覚している方は、指先が乾燥しないように注意してください。特に冬は乾燥してしまうので、指紋の認証に失敗することが多発します。認証に3回失敗すると、一定時間は認証ができなくなります。そのため、指紋認証ではなく、暗証番号やスペアキーで解錠するようにしてください。また、指が濡れた状態でも認証に失敗するケースもあるようです。

乾燥が原因の場合の対策

乾燥が要因で指紋認証キーが反応しない場合の対策方法としては、指の湿度を高めるという方法があります。指を濡らしてから認証させると、成功確率があがります。ちなみに、3回失敗すると、認証できなくなるのはセキュリティ上必須になっていますので、設定を変更することができません。乾燥肌で失敗しやすい人は、乾燥する季節や自分の体質を認識しておくと、事前に対策をすることができます。

電池交換を定期的に行なおう

指紋認証の電池交換はどのタイミングで行なうのがベストでしょうか?
指紋認証キーは、乾電池から必要なエネルギーを得ていますが、乾電池は切れてしまうこともあります。そうなると、自動的に施錠するタイプなどは解錠することができなくなってしまします。そのため、乾電池が切れる前に交換をしなくてはいけません。

万が一、乾電池が切れてしまったら、角型の9Vの乾電池を用意しましょう。コンビニでも角型9Vの乾電池は販売しています。この乾電池で一時的に通電させることで指紋認証ができる機能があるのです。この方法で施錠や解錠ができるようになったら、早急に近所の鍵屋に連絡して、きちんと鍵の電池交換をしてもらいましょう。

TOPボタン